読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BIBOUROKU

テレビっ子の日々 たまに音楽 たまに映画 たまに雑記

「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」がなかなかの問題作だった。

「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48

見てきました。

www.youtube.com

 

結論から言わしてもらえば、「違うよ!僕が見たかったのはこんなんじゃない!!思てたんとちがーう!」でした。

 

AKB、乃木坂、Perfumeって他のアイドルのドキュメンタリーを見たんですけど、その3本と比べるとどれもなんか映画として、それぞれ劣っているというか。

 

乃木坂46のドキュメンタリーと比べて

f:id:nishikenda:20160201092143j:plain

乃木坂46のドキュメンタリーでは初期から現在までの軌跡を描いてて、内気な少女たちがアイドルとして成長していく過程を画面から感じたんですが、この映画は序盤こそ、NMB48がどのように生まれたかをやってるんですけど、メインは2015年のNMB48

立ち上げ当初は「完成したものではないと大阪の人にはウケないのでこのプロジェクトは失敗するかもしれない」とまで言われてるんですけども、いつのまにかNMB劇場は満員になってたんですよね。

完成されてないものを完成させるために、チームで努力するところが見たかったんですが、そこも全く登場せず、、という感じで。

今回のNMBの映画では、この「成長」の過程が描かれていなかったように思いました。

Perfumeのドキュメンタリーと比べて

f:id:nishikenda:20160201092507j:plain

この映画は、ある4人に焦点を当ているんですけれども、その4人に焦点を当てすぎているせいか、焦点の当たっていないメンバーはほぼ登場しないに等しくてですね。ファンとしては、もっと他の子も映してよっていう。

それと、次世代アイドルの子2人のライバルの構図を描いているシーンがあるんですが、片方にばっかりカメラが付いているせいで、そのライバルがヒールとして映ってしまっているのも気になりました。

Perfumeのドキュメンタリーではもう何度も何度も円陣を組み、チーム一丸になってストイックにライブを完成させようとする姿が見られたんですが、今作ではNMB48のチームとしての結束がそんなに見られなかったんですよね。それぞれ個人ばっかりの活動が出てしまっていて、NMB48というチームをキャプテン山本さんひとりが背負っていっている印象すら受けまして、円陣組んで「よっしゃいくで!」みたいなシーンがあってもよかったのではないかと思いました。

過去のAKBのドキュメンタリーと比べて

f:id:nishikenda:20160201092229j:plain

今作はアイドルの闇にそれはもういやというほどフォーカスを当てていて、AKBのドキュメンタリー第2弾以降の作風がその路線なんですが、闇の中で頑張っている姿を描いているAKBのドキュメンタリーに対して、今回の映画は頑張っているシーンが少なくてですね、ただ闇を描いておしまい、みたいのもちょっと残念なポイントの一つでした。

スキャンダルに揺れながらなんとか協力するシーンや、ライブの裏で過呼吸になりながらも表舞台に立とうとするシーンを描いたAKBの映画と比べると、今作は闇の内容も弱くてですね。選抜に選ばれないっていうのは運営側の事情であって、努力うんぬんの問題じゃないやんって思うんですよね。現に努力していなくても選抜に選ばれるメンバーはいるわけで。

支配人が初期メンなのに何度も一度も選抜に選ばれていない子を一人で会議室に呼び出し、「やれんのか?やれんのか?」と詰めて、選抜入りを決めるシーンがあるんだけど、「なんでそんなに尋問するの?みんなと一緒に発表されたほうがいいんじゃないの?」って思いました。

その他、気になった点

今作ではアイドルドキュメンタリーには珍しく「おじさん」がかなりでてくるんですけれども。グラビア撮影のシーンでカメラマンにカメラが向いていたりとか、ヲタの方が一生懸命モバイルに番号打ち込んでるシーンがあったりだとか。しかもそれぞれ「我」が強くて、ちょっと胃もたれしそうになりました。おじさんじゃなくてメンバーもっと映してやってよ。おじさんを見るためにお金払ってるんじゃないんや!って思いました。

 

最後の方で辞めていったメンバーがTBSラジオでADとして働いているシーンがあるんですが、その子がアイドルをやっていたころよりいきいきとしていて、「アイドルなんて辞めた方が幸せなんじゃないか」とまで思いました。暴論ですが。

 

もちろん、同時公開のHKTと興行収入とかの点で比べられてしまうと思うんですが、暗くて何度も見たくなるタイプの映画ではないので不利なんですよね。そこもまたかわいそうだなあと。

 

最後に

 

まとめると、この予告みたいのが見たかったんや僕は!!!!!!!!!!!

 

www.youtube.com