BIBOUROKU

テレビっ子の日々 たまに音楽 たまに映画 たまに雑記

ぼくのかんがえたさいきょうのはいあんどろー

 

 

 

f:id:nishikenda:20171121191931p:plain

このところ、気をぬくとハイローの事ばっかり考えてしまっている。

どこに入ろうかとかそんな話とかきいてるだけでもえ?ハイロー??みたいになっている。今まで乃木坂か欅かだった出勤ミュージックもここんところHiGH&LOWのサントラばっかり聴いてしまっている。

 

これはマジすか学園でドチャクソにAKBにはまってしまった時と完全に一致してしまっている。ヤンキードラマと大人数系グループとの相性はすごくいいのかもしれない。BiSとかBiSHWACK界隈でヤンキードラマ作って欲しいな。下ネタがんがんいう感じでもいいと思うし。

 

f:id:nishikenda:20171121191954j:plain

 

ちょっと横道にそれてしまったが、とにかくハイローはやばかった。

僕は「HiGH&LOW2 END OF SKY」通称ザム2公開のタイミングで1からドラマを見て予習をたっぷりした上でザム2を見たのだけれど、ザム2はすごかった。

ザム2だけで新キャラが何十人もバンバン出てくる上、そのどれもが全員主役のコンセプト通りバリバリにキャラ立ちしまくっている。

カーアクションや、小林直己演じる源次のターミネーターばりの殺陣にはばちばちにぶち上がったし、クライマックスのそれぞれのチームの登場シーンでかかる曲には思わずいやーこれだよこれ!!となってしまった。

一番衝撃を受けたのはなんの説明もなくガラッと変わっていた琥珀さんの髪型である。正直全然似合ってねえし。

 

 

f:id:nishikenda:20171121192009j:plain

 

というわけでザム2で文字通りぶん殴られた状態で3を見て来たのであるが、シリーズの終わりという事もあり、何か物足りなさのようなものを感じていた。これはシリーズの終わりであることの宿命のようなものなのかもしれないし、終わってほしくないという思いがそんな気持ちにしているのかもしれない。

 

f:id:nishikenda:20171121192022j:plain

 

がしかし、終盤、推しチームである達磨一家が斜めになった外車のボンネットにONして登場すると、完全に「鼓動高ナァル」状態になってしまい、「火花」で役者としてネクストステージに行った男がぶち上げた最後の「花火」を見ていると「狂喜乱舞ゥゥ」してしまった。

 

Love,Dream,Happinessのマインドが生まれ、ハイロー最高だ!!HIROさんありがとう!!となってしまったのであった。

 

f:id:nishikenda:20171121192141j:plain

 

例えば、トラップを仕掛けまくり分身とかしちゃう木下ほうかとか、ムッキムキの筋肉で酔拳で戦う笹野高史とか、邪悪なオーラを纏って謎のエネルギー弾を放つ岩城滉一を見たかったような気もしている。

SWORDのメンバーのピンチに颯爽と駆けつけるマイティーウォーリアーズの面々みたいな激アツ展開とかもあってもよかったと思う。

 

それは、ぼくのかんがえたさいきょうのはいあんどろーでしかないのだけれど、そんな夢を現実のものとしてしまうような気持ちにさせてくれるのHiGH&LOWの魅力でもある。一応ここでシリーズはFINALなのだけれど、どう考えても続編が作られる感じがバシバシと伝わってくる。超絶期待でしかない。誰なんだバルジって。

 

言いたいことはたくさんあるザム3なのだけれど、もう何回も見たくなってしまっている。

コブラ!!って言いながら画面分割してるあのダッサいシーンをもっかい見たい。

ただただ登坂広臣がかっこいいだけのシーンをもっかい見たい。

そんな誰かに当たったら危ないってか思いながらビルの屋上でゴルフをするシーンをもっかい見たい。

劇中で最高の肉体美を見せつけたテッツの親父の登場シーンをもっかい見たい。

 

いかん、完全にやられてしまっている。とにかくみんな見てくれ!!!