BIBOUROKU

テレビっ子の日々 たまに音楽 たまに映画 たまに雑記

「99.9」で可愛い榮倉奈々が戻ってきたよ。

f:id:nishikenda:20160630002356j:plain

99.9が終わってしまった。松潤主演のドラマとしてそこそこ期待も高かったと思う。しかし、このドラマで最も輝いていたのは榮倉奈々だ。榮倉奈々ちゃんだ。奈々ちゃん。僕は今、録画を見直しながら奈々ロスにかかっている。

 

僕が榮倉奈々ちゃんを発見したのは「SCHOOL OF LOCK」内の1コーナー「GIRLS LOCKS」初代のメンツであった。

中2の時代にバンプアジカンにバシバシ影響を受けていた僕にとって、高校時代に「SCHOOL OF LOCK」なる番組がスタートしたことは、僕を狂気させた。

 

初回放送のやましげ校長やしろ教頭のたどたどしさには、おいおい大丈夫か、とも思っていたが、とにかく結構聴いていた。受験期のお供だったし、リスナーと完全に同世代だった僕は彼らにバッシバシ共感していた。

10年後、まさか会社でまたこの番組が残業のおともになるなんて思いもしなかったが、それはまた別のお話。

 

奈々ちゃんの話に戻る。

このスクールオブロックの人気コーナー「GIRLS LOCKS」は週替わりで女子生徒として女の子が登場するのだが、初期のメンツは香椎由宇堀北真希栗山千明様、貫地谷しほり、そして、榮倉奈々ちゃんだった。

名だたるこのGIRLS LOCKSのメンツの中で、抜群の存在感を得ていたのが、2週目担当、奈々ちゃんであった。当時、ばりばりの中3男子にとって、ドストであった。

こんな感じだ。

f:id:nishikenda:20160630002548j:plain

f:id:nishikenda:20160630003316j:plain

 

破壊力がやべえな。

圧倒的なかわいさをラジオで発揮しながら、奈々ちゃんは「プロポーズ大作戦」「メイちゃんの執事」といったコメディに出演していくのだが、だいたい気が強い役ばかり回されて「もー!なんだよー!」という顔がトレードマークになっていった。そして、女優の仕事が多くなっていくにつれ、「」シリアスな役が増えて泣きの演技の演技が増えていった。奈々ちゃんはいつの間にか、「奈々さん」になっていた。

 

「黒の女教師」ではバリバリのダークヒロインとして、バッチバチの演技で、シリアス榮倉奈々、そして、黒い榮倉奈々の真骨頂を見せたのである。

 

f:id:nishikenda:20160630002635j:plain

黒い榮倉奈々といえば、彼女はもともとちょっと色黒である。

ここで、adidasCMを見て欲しい。

 

f:id:nishikenda:20160630002713j:plain

榮倉奈々、いったいどうしたんだ。完全にアスリートではないか、実業団の陸上部の顔をしているではないか。

 

さらに、この写真を見てほしい。

f:id:nishikenda:20160630002759j:plain

榮倉奈々、いったいどうしたんだ。 完全に迷走しているではないか。アートの人の顔をしているではないか。

 

榮倉奈々のその後に一抹の不安を抱いていた、この4月。「99.9」というドラマがスタートした。

弁護士の話、しかも刑事事件担当。登場シーンから気が強く眉間に皺を寄せている。正直またいつもの役だなと思った。。

しかし、一見いつもの榮倉奈々なのだが、どうやら様子がちがう。今回の奈々さん、プロレス女子だ!まじか!最高じゃないか!

「オカダ」のうちわをデスクにかけている、ここでのオカダはもちろん岡田准一ではない。オカダ・カズチカである。犯人に十字を極めて、「イヤォ」とその叫ぶその姿、完全に僕らの可愛い榮倉奈々が帰ってきた。

f:id:nishikenda:20160630002817j:plain

f:id:nishikenda:20160630003006j:plain

ドラマがすすむにつれ、彼女のプ女子としてのキャラクターもどんどん掘り進められ、さらにツッコミ役としてもかなりの間とキレを有している。 

f:id:nishikenda:20160630002838p:plain

f:id:nishikenda:20160630002851j:plain

この顔芸である。そう、彼女はコメディアンヌとして、一流なのである。

そして、コメディをやっている時の榮倉奈々ちゃんは可愛いのである。

 

今までのシリアス路線はこのための助走だったのだ。

そして、シリアス期を経て完成された魅力が今の榮倉奈々ちゃんにはある。そう、今のところ、無敵だ。

 

榮倉奈々ちゃんの今後に期待!!そして「99.9」の続編に期待!