読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BIBOUROKU

テレビっ子の日々 たまに音楽 たまに映画 たまに雑記

酷評って聞いてたけどめちゃくちゃおもしろかったぜ「バットマンVSスーパーマン」

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」

見てきました。

f:id:nishikenda:20160331025958j:plain

いやー大満足でした!

アメリカの2大ヒーローの共演のアクション大作ともあって賛否両論を巻き起こしている今作ですが、僕は圧倒的に「賛」です。

 

前提として、僕はバットマンが大好きなんですけれども、バットマン好き目線からの独断と偏見であんまりネタバレしないように感想を述べていきますね。

 

念のため、前提として、これはスーパーマンの映画「マンオブスティール」の続編です。

バットマンについては、「バットマンビギンズ」から始まる前3部作とは全く切り離されて作られておりまして、お話が続いているわけではないので前三部作やティムバートン版バットマンを先に見ておく必要はないかなと思います。まあ、強いて言えば「ダークナイト」は今作のテーマ的な部分では共通する部分がありますし、間違いなく文句なしの傑作なので、見ておいて損はないです。

 

今回登場するのは壮年バットマン、おじさんバットマンです。

ですが、このおじさんバットマンがカッコイイんすよ。すっごく。

 

まず冒頭。ホラー映画のメソッドで悪人や警察の視点からもバットマンの脅威、恐怖を表現したシーンにはゾクゾクです。

ウェイン家の秘密基地のズラーッと並んだ機械群が出てくるだけでも、僕のテンションは終始ガン上がりだったわけですけれども、バットモービルが今回もかっこいい。無双とも言うべきバットモービルが大活躍するシーンでは、「うおー!」とならざるを得ません。

 

そして、クライマックスのまさに光と闇の果てしないバトル(まるしー仮面ライダーBLACK RX)のVSスーパーマンのシーンではその名の通り超人的なパワーも持ったスーパーマンに対して、テクニックを駆使して戦うバットマンには「人間ナメんな!」イズムを感じてシビレ散らかします。

 

そして、今回の執事のアルフレッド。有能すぎます、化け物じみてます。何者なんだあの人は。

 

というわけで、バットマンがとにかくカッコイイ映画でした。おすすめです!!